不眠・睡眠障害 l 不思議な現象 l 金縛りはオカルト? l  寝言特集 @ A

睡眠のメカニズム
 
・睡眠は脳の精神活動を停止し身体的反応も鈍り
活動を一時的に休止している状態。
一時的なので些細な刺激で覚醒する。
 
精神活動を停止していると言っても
完全に停止しているわけではなく
”思考している”と認識しないような奥の方で
脳内はその日に得た情報の処理や復習をしている。
その処理などをする過程で”夢”というものを見るという。
 
 
睡眠の種類
 
”レム睡眠”
脳が覚醒している状態に近い浅い眠り。
ほぼ覚醒している状態なので些細な刺激でも目を覚ます。
このときに夢をみることが多い。
 
”ノンレム睡眠”
熟睡して意識が無い状態。脳も体も停止しているため
目を覚ましづらい。
睡眠の深さにより4段階の層に分けられる。
 
 
眠るという行為は2種類の睡眠の種類でできている。
寝ている間は、レム睡眠とノンレム睡眠を交互に繰り返し、
大体一晩に4〜5回このサイクルが繰り返されることになる。
(目覚めが近づくにつれ、ノンレム睡眠は浅く短時間に変化)
 
赤ちゃんと睡眠 

よく眠る赤ちゃんの睡眠のメカニズム
全てが未発達の新生児や乳幼児は大人のように”レム睡眠”や
”ノンレム睡眠”と呼べるような脳の動きができない。
それに近い原型とも呼べる眠りとどちらとも呼べない眠りの
3種類繰り返している。
 
 
”動睡眠”=レム睡眠(覚醒に近い)の原型。
眠っているはずなのに眼球が動いたりと表情豊か
動く眠りで動睡眠。
 
”静睡眠”=ノンレム睡眠の原型。
大人と一緒でぐっすり熟睡状態。
静かな眠りで静睡眠。
 
”不定睡眠”
動睡眠と静睡眠のどちらともとれない眠りのこと。
新生児や乳幼児の脳の動きはまだ謎の部分も多い。
 
これらが成長するにつれ、大人のような睡眠の
メカニズムに変化していく。
 
 

Copyright (C) 2008 快適睡眠Q&A All Rights Reserved.