睡眠とは l 不眠・睡眠障害 l 金縛りはオカルト? l  寝言特集 @ A

睡眠時に陥る不思議な現象
 
落ちる感覚
夢を見ているときと言うのは、レム睡眠という浅い眠りの時です。
レム睡眠とは体は休んでいる(眠っている)状態ですが
脳はその日にあったことの記憶の整理などをするために
動き続けている状態。
 
体が寝ている鈍い状態ですから、外部からの刺激を受けたときに
正常に状況を脳伝える事ができず。
夢と言う形で脳が受け取った情報を処理してしまう。
 
体がビックとする(痙攣)
入眠時ミオクローヌスと言われる。筋肉がピクッと痙攣するだけでなく
夢の中で感じる落ちる感覚も含めて「スリープ・スターツ(Sleep Starts)」現象と呼ばれる。
 
生理現象であり病気やオカルトの類ではない。
アメリカの研究者によって発見・研究されている。
 
頻繁激しい痙攣が起こる場合、ミオクローヌス症候群、
不眠症、睡眠障害などの睡眠関連以外の病気の
可能性もあるので病院で診察を受けた方がいいだろう。
 
※原因は特定されていない
 
 

Copyright (C) 2008 快適睡眠Q&A All Rights Reserved.